こうなん区民活動のページ -みんなでつなぐ活動情報-
→HOME→講座・イベント→【2019年09月 】一覧
一覧
日本語ボランティア入門講座

「日本語ボランティア」とは、地域で暮らす外国人に日本語学習を手伝う活動です。この講座では、地域で暮らす外国人とどのように日本語でコミュニケーションしていったらいいか、講座とワークショップ、模擬演習を通して学びます。実際に活動している「日本語教室」の見学もあります。

キッズのための「HipHopDance!」 全4回

みんなで楽しくダンスをしよう!

外国人のためのパソコン教室2019年9月開講

【学習内容】
■パソコンの基本操作(マウス操作、キーボード操作、文字の入力など)
■ワード入門(Wordの使い方、名刺、季節のはがき、チラシなど)
■エクセル入門(Excelの使い方、家計簿、名簿、カレンダーなど)
■パワーポイント入門(プレゼン資料の作り方、スライドショーの方法など)
■インターネット入門(ホームページの見方、検索の方法など)
■デジカメ写真・動画入門(写真の整理・修整方法、動画の編集など)

9月14日読書会のご案内:課題本「平和主義とは何か」 松本雅和著 中公新書

副題は、政治哲学で考える戦争と平和となっています。この課題本を各自で購入して各自で読み始めてください。

読書会当日は、以下の4つの討議テーマ(事前質問)に従って参加者の発表及び討議と対話を行います。9月14日に参加を希望される方は、事前質問に対してご自分の考えをまとめて9月8日までに事務局までメールで送付下さい。尚、傍聴だけをご希望の方は、事前に本を読んで読書会当日9月14日に会場においで下さい。(事前にあなたの質問への回答を送付する必要はありません)

(概要)
本書は、「全体を通じて、国際関係の指針となり得る平和主義のあり方を、政治哲学の観点から検討してきた219p」 その意味で本書は平和主義あるいは非平和主義という結論を一足飛びに読者に推奨するものではない。・・・哲学の役割はアジテーションではなく、議論の構想を明らかにし、その論理の力を確かめることである220p」
なお、本書は2014年の石橋湛山賞を受賞しています。著者の意図を踏まえて、本書に関連したあなたの考えや感想を伺い、皆で対話できるようにしたい。本書の内容は色々な項目が複雑に絡み合っているので、簡潔に理解あるいは表現できるように考えて下さい。本書を教科書的に正確に引き写すのでなく、その焦点の当て方、市民的な自由な自己の要約や連想を交えて、あなたの読み方や考察や感想を述べて下さい。単に哲学に止まらずその延長でも応用も考えたい。そのために、本書から離れ、また関連して考えることも自由に可能です。(次頁はありません)


(事前質問=読書会当日の討議内容)
1)はじめに、第1章 平和主義の輪郭と、第2章 義務論との対話と、第4章 正戦論との対話について、
各章の議論の中で、その章のポイントか内容を要約して下さい。要約は工夫して分り易く表現ください。
その議論で、目からウロコとか、感心したとか、それは違うとかの、思ったところを述べるかして下さい。


2)第3章 帰結主義との対話と、第5章 現実主義との対話、について
各章の議論の中で、その章のポイントか、内容を要約してください。要約は工夫して分り易く表現ください。
その議論で、目からウロコとか、感心したとか、それは違うとかの、思ったところを述べるかして下さい。


3)第6章 人道介入主義との対話、終章 結論と展望、およびその中の「著者の主張」、について
各章の議論の中で、その章のポイントか内容を要約してください。要約は工夫して分り易く表現ください。
その議論で、目からウロコとか、感心したとか、それは違うとかの、思ったところを述べるかして下さい。


4)本書での著者の意図は、「結論」ではなく、「どうゆう議論をすべきか」である。議論の枠組みを作ることに尽きる。









さわやか寄席(落語会)

◆日 時  9月10日(日) 午後1時半開場 午後2時開演

◆会 場  貞昌院 本堂(上永谷駅下車

◆定 員  100人(先着)

◆参加費  600円

◆申込み  当日直接会場へお越しください


認知症の理解を深めよう

9月21日は『世界アルツハイマーDay』ということから
9月に4回シリーズで認知症の方にやさしい地域を目指した講座を開催します。

せかいのあかちゃんとママのひろば

いろいろなくにの こどもとママあつまりましょう。
うたったり あそんだり いっしょにたのしみましょう。
ほいくし、かんごし、えいようしのしかくをもつスタッフがそうだんにのってくれます。

平成31年度「達人と歩く町」会員募集!

「わが住む町を愉しむ会」では、地域の歴史や自然について学ぶことにより、住んでいる地域に親しみを持ち、これからの生活を愉しもうと、港南区の後援による学びと散策の講座「達人と歩く町」の平成31年度会員を募集いたします。

「達人」のお話と町歩きを通して、和気あいあいと住んでいる町を愉しみます。
お蔭様で発足後、13年目を迎えます。地域についてもっと知りたい方、地域の方との交流を図りたい方は奮ってご参加ください。

Bogoカフェに来ませんか

日本語が話せなくても、外国語が話せなくても、いろいろな国の人とおしゃべりが楽しめるカフェです。

オトナの学習ルーム

毎週日曜日、中学生以上を対象とした学習ルームです!

画像
乳幼児向けフリースペース「ぴよぴよスペース」

4月スタート!乳幼児と保護者が遊びながら過ごせる事前お申込み不要のフリースペースです

英会話  ロサンゼルス英会話

横須賀の米軍基地に住んでいる女性が先生です。生の英語を勉強して行きましょう。面白いトピックも用意しています

地域の居場所、よろず家「ちょいさわ」

さわやか港南では、地域のさまざまな年代の方が集いやすくホッとできるような居場所を提供しています。題して「よろず家 ちょいさわ」。
一度遊びに来てみませんか?

画像
日限地蔵茶店に来ませんか?

さわやか港南では、
地域の居場所づくりの一環として
日限地蔵の縁日
(毎月4・14・24日)の
午前10時から午後3時まで、
茶店を開いています。

親と子のための【コンサート】

お母さんのお腹にいる頃から生の音楽にふれ、感性を育て豊かな心を育てるための会です。 
不定期ですが年2〜3回のコンサート開催します。






《カプラ🄬で遊ぼう》

カプラ🄬で遊ぼう!



画像
港南台タウンカフェ通信『ふーのん』第2号発行

港南台の地域情報誌「ふーのん」第2号が発行されました。
地域の主婦や学生らによる市民レポートや、中学生の「まちを支えるレポート活動」、「あなたの幸せなんですか?〜1000人インタビュー第2弾」など、32ページにわたり、じっくり港南台を楽しんで頂ける誌面になったと思います。

港南台地区センターや、港南台地域ケアプラザ、コミュニティハウス、?島屋港南台店、港南台タウンカフェなど、地域の50箇所で来週から順次ご覧いただけます。

無料ですが「¥こころ」の情報誌。お気持ちカンパいただけると嬉しいです!

画像
卓球サロン

ケアプラザに3台ある卓球台を、地域の皆様に開放しています。
健康づくり等にご利用ください。

もっと×2交流ステーション

新たな出会いで地域のつながりを...。ちょっとお酒でも飲みながら語り合いませんか?お気軽にお立ち寄り下さい。