こうなん区民活動のページ -みんなでつなぐ活動情報-
→HOME→ 講座・イベント →3月14日 実施読書会 課題本「ハル回顧録」コーデル・ハル著 中公文庫のご案内
3月14日 実施読書会 課題本「ハル回顧録」コーデル・ハル著 中公文庫のご案内
3月14日の読書会は、課題本「ハル回顧録」について対話と交流を行います。

先ず、課題本を入手して各自読んで下さい。

読書会は、以下の4つの問いについて進めます。以下の4つの問いに対してあなたのお考えをまとめて3月8日までに下記事務局までメールで送付下さい。

(はじめに)コーデル・ハルは、テネシー州議会議員や裁判官を経て、米国連邦議会下院議員(民主党)を11期(通算22年)務め、1930年に上院議員に転じた議会人でした。彼は、1933年アメリカ大統領フランクリン・D・ルーズヴェルト政権発足と同時に国務長官に就任します。就任当時62歳のハルは、ルーズヴェルト政権下で、実に12年弱の長期にわたりアメリカ外交に携わります。政権発足時は、米国内は大恐慌からの脱却を模索中の困難な時期であり、又、世界情勢は第一次世界大戦後15年経過し、軍縮など一時的な平和な時代が終わり、戦争の不吉な動きが見え始め、再び、迫りくる戦争の危機が高まっていた時代でした。ハルは、まさにこの激動の時代に国務長官を務めました。欧州で第二次大戦が勃発するまでの戦争回避努力、戦争勃発後の各国の動きと米国の対応、太平洋戦争突入直前の日米交渉、第二次世界大戦に参戦後の米国の動き、そして戦後を見据えた各国の思惑や動き、これらの貴重な世界の動きが、ハル回顧録を通して垣間見ることができるのではないでしょうか。日本では、いわゆる「ハル・ノート」でよく知られたコーデル・ハル。彼の回顧録をもとにアメリカの当時の外交と戦争の時代について皆様と一緒に語り合えれば幸いに存じます。

問1. 1941年、日米戦争を回避するための日米双方の外交交渉の努力と経緯、そして12月7日(米国時間)の真珠湾攻撃までの出来事が計23頁(P171〜193)にわたって書かれています。この箇所は、太平洋戦争突入直前の日米交渉における日米双方の思惑や考え方を窺い知る上で貴重な資料ではないでしょうか。外交暗号電報の解読など情報能力の格差もありました。コーデル・ハルが語る日米交渉の実態を読んだ、あなたの感想や論評をお聞かせ下さい。また日本の真珠湾攻撃についてのあなたのご意見があれば述べて下さい。
問2. アメリカが直接、日本やドイツに宣戦布告して第二次世界大戦に参戦する以前と以後のアメリカの外交方針や戦略、実際の行動等についてこの本を読んだあなたの感想を自由に述べて下さい。

問3. ハルは、ルーズヴェルト大統領をこの本の中で政治、経済、外交・軍事政策において全般的に高く評価しています。しかし、一方では、政権内での側近グループとの軋轢等について多くの箇所で言及していますし、また陰に陽に、大統領に不満を表明している箇所もあるように思います。この本から窺い知ることのできるルーズヴェルトの人物像、ハルの人物像、大統領とハルの関係、政権の特徴、及び政権内の人間模様などについてあなたの感想をお聞かせ下さい。
問4. 「ハル回顧録」は、36のエピソードと6つの付録で構成されています。この本のなかであなたが注目した、あるいは興味深かった、あるいは知りえた新しい事実はどんなことでしたか?該当するエピソード(小タイトル名or頁:複数も可)を示し、その理由を説明下さい。若しくは、各エピソードに拘らずに、この本全体を通してのあなたの読後感想を自由に述べて下さい。

回答と返信上の注意:上記の各質問への回答は、回答のみをA4用紙の1枚に纏めてください。
回答用紙の最上段に以下を記載し、その行の下から、1、2、3、4、の順に、番号と回答のみを書いてください。
回答者:    『ハル回顧録』  コーデル・ハル 著  中公文庫   実施 2020年3月14日(土)
回答送付先/事務局FAX 045-261-8300 Eメールtadmurasan@nifty.com 回答締切 2020年3月8日(日)

傍聴の場合は、回答提出の必要はありませんが、セミナーはこのアンケートをベースに進めます。
2020年3月14日当日は、12時30分から始まりますので、それまでに会場にお入りください。
入口は、横浜市中央図書館1Fへの階段を上がらず、大階段下左側の職員通用口からお入りください。
尚、名著セミナーに関する電話連絡は、図書館でなく全て事務局045-261-8300(但し読書会当日は不通)にして下さい。


DATA
■ 期間
2020年3月14日
■ 時間
:12:30〜16:30
■ 場所
:横浜市中央図書館 第一会議室
■ 主催
:NPO 法人 名著セミナー
■ 後援
:横浜市中央図書館
お問合せ
■ お問合せ
事務局 村上 正(理事長)
■ 電話
:045-261-8300
■ メール